現代文,英語,古典,漢文で使える問題を解くためのテクニック!!明石個別指導塾飛翔館,ブロードバンド予備校対応校|明石市で個別指導塾をお探しなら飛翔館へお任せください。

明石市で個別指導塾をお探しなら飛翔館

0789656818

お問い合わせ

営業時間 15:00~22:00 定休日 土曜、日曜
〒673-0003 兵庫県明石市鳥羽1535-2 立花ビル205号室

ブログ

現代文,英語,古典,漢文で使える問題を解くためのテクニック!!明石個別指導塾飛翔館,ブロードバンド予備校対応校

テスト勉強

2018.02.15

さて、今回は現代文,英語,古典,漢文で使える問題を解くための便利なテクニックを紹介します。そんな便利なものがあるのかと思うかもしれませんが、全てに共通していることがあります。気付きましたか??

そう,それは全て言語、言葉ということです。そのため、ドイツ語やフランス語なども勉強しているときに使えるテクニックになるかもしれません。

問題を読むうえで最も重要な事は逆説には印をつけることです。なぜなら逆説の後には主張が来ることが多く、そのため問題になりやすいからです。また、物語でも逆説を見逃すと物語があらぬ方向にいってしまうので注意が必要です。

次に下線部問題を解くときにはその下線部で言いたいことはプラスなのかマイナスなのかを意識するだけでかなり選択肢が絞り込めます。また、選択肢には言い過ぎと言われているものがあり、“絶対”や”だけしかない”onlyなどが使われている表現を選択肢として選ぶときは細心の注意を払い選択してください。反対に“~ということもある”や”~という可能性がある”not always(部分否定)などは本文で強く否定されてない限り丸になりやすいです。(ただし、本文で書かれていないから無関係ということで選択肢がバツという引っ掛けも多々あります。)

知っていたら便利ということが色々あるのでこの機会に是非ともおさえておきましょう!!それでは勉強頑張ってください\(^o^)/

ページトップへ

ブロードバンド予備校