高校入試,大学受験の国語(現代文)の勉強法!!明石個別指導塾飛翔館,ブロードバンド予備校対応校|明石市で個別指導塾をお探しなら飛翔館へお任せください。

明石市で個別指導塾をお探しなら飛翔館

0789656818

お問い合わせ

営業時間 15:00~22:00 定休日 土曜、日曜
〒673-0003 兵庫県明石市鳥羽1535-2 立花ビル205号室

ブログ

高校入試,大学受験の国語(現代文)の勉強法!!明石個別指導塾飛翔館,ブロードバンド予備校対応校

大学受験

2018.01.16

国語は勉強しても伸びないなどよく言われますがこれは間違いです。正しく勉強すれば必ず伸びます。

正しく勉強するということは論理的に読み解くクセをつけるというです。答えは文章に書いているので、それをいかに探すか。が鍵になります。
そのために接続詞にはそれぞれ印をつける、キーワードには印をつける、対比をおさえる、問題の選択肢を選ぶときの注意点をおさえる(言い過ぎ、無関係など)、2択まで絞った後は無難な選択肢を選ばなければならないことがあることを念願に置く、など上げればここには書ききれないほどの論理的に解くテクニックと問題を解くためのテクニックがあります。そのため問題を解き終わった後は記号と波線と印が数多く入っています。このようにすると正答率が格段に上がります。このテクニックは小学生でも使えるものであり大学受験、さらには社会人になってからも使えるものだと感じています。また、言語に関する全ての分野に使えるものなので、英語の長文が読みやすくなったり、古文が読みやすくなるという波及効果も生まれます。記号化のルールは変わるものではないので、ほんの一例ですが逆説には△、順接には→、対比には⇔、つまりや要約するとには○、キーワードは□、添加には+などなど。これだけでも慣れた頃には随分読みやすくなり着目する点がわかるようになります。これを使いこなすだけでも成績は上がります。

普段の問題演習からこのようなことを気をつければ必ず点数に結びついてきます!!国語は勉強しても無駄と諦めずに論理的に考えてみましょう\(^o^)/

ページトップへ

ブロードバンド予備校