高校入試,数学の勉強方法!兵庫県の数学は全国でもトップクラスで難しい!!明石個別指導塾飛翔館,ブロードバンド予備校対応校|明石市で個別指導塾をお探しなら飛翔館へお任せください。

明石市で個別指導塾をお探しなら飛翔館

0789656818

お問い合わせ

営業時間 15:00~22:00 定休日 土曜、日曜
〒673-0003 兵庫県明石市鳥羽1535-2 立花ビル205号室

ブログ

高校入試,数学の勉強方法!兵庫県の数学は全国でもトップクラスで難しい!!明石個別指導塾飛翔館,ブロードバンド予備校対応校

高校入試

2017.12.11

本日は高校入試勉強法シリーズとして数学の入試勉強方法を紹介します。(^^)

まずはじめに知ってもらいたいことが兵庫県の数学は塾講師の阪大生を悩ますほどの問題が毎年何問か出題されるぐらい難しいということです。そんなん自分に出来るわけないやんと思った子!それが正解です。出来ない方が良いです。出来たとしても時間がかかりすぎるので出来ないほうが良いのです。出来る問題に集中して出来る問題を確実に点数にしてください。これが兵庫県数学の攻略方法です。以下にもう少し具体的に攻略方法を書いていきます。
繰り返しになりますが、兵庫県の数学はレベルが高い問題が多いです。特に大問3からの(3)以降はかなり難しいです。基本的に偏差値50以下の高校を志望校にしている子は全て捨てても大丈夫です。ただし、大問1は全て取れるように過去問をやりこんでください。ここで間違えるとライバルに差をつけられてしまいます。それに合わせて全ての大問の(1)、(2)を取るだけでも偏差値50には届くのでノルマはクリアできます。偏差値55以上のレベルを志望校にしている子は2次関数、大問2の資料と連立の融合問題を完答出来れば十分です。今年は携帯電話の関数になっていましたが。偏差値60以上を志望校にしている子でも今の問題を完答出来れば差をつけられることはありません。その年によって確率、1次関数の発展問題、論理的思考問題のどれかが(3)頑張ったら取れるかなという問題があるので残りの時間はそれに費やしてください。図形は毎年鬼のように難しいのであまり深入りしないほうが無難です。
数学はとにかく取れる問題は取る!取れない問題は捨てる!と割り切って望んでください。最悪なのが難しい問題に時間をかけすぎて最後の方の(1)、(2)までできなかったというパターンです。基本的に(3)以上の問題はこんだけ頑張ったのに3点かい!!ってことが多いのでムキにならないで下さい。

一番の参考書はやはり過去問と予想問題集です。合わせて8カ年以上は何度も繰り返し解いて問題パターンに慣れてください。そしてよく見るな、という問題を得点源にしてこの傾向はこの年だけだなという問題は思い切って捨ててしまいましょう。絶対に大問1の問題は満点取れるまで繰り返し解いて下さい。ここで落とすと致命的なことになりかねません。兵庫県の数学は難しいですが諦めずにがんばってくださいというのが普通ですが、今回は兵庫県の数学は難しいので諦める問題は諦めてしまい出来そうな問題はしっかりと点数に出来るようにがんばってくださいという言葉を受験生に捧げたいと思います\(^o^)/笑

ページトップへ

ブロードバンド予備校