中学受験はいつからどのような塾で開始すべきか!?明石個別指導塾飛翔館,ブロードバンド予備校対応校|明石市で個別指導塾をお探しなら飛翔館へお任せください。

明石市で個別指導塾をお探しなら飛翔館

0789656818

お問い合わせ

営業時間 15:00~22:00 定休日 土曜、日曜
〒673-0003 兵庫県明石市鳥羽1535-2 立花ビル205号室

ブログ

中学受験はいつからどのような塾で開始すべきか!?明石個別指導塾飛翔館,ブロードバンド予備校対応校

小学生

2017.12.05

前回のブログに引き続き小学生の塾の開始時期について書きたいと思います。

前回のブログでは小学生が個別指導塾を開始するのは小学4年生からがベストだと書きましたが中学受験を受ける子だと話が変わってきます。まず、中学受験を受けるのであれば中学受験を専門にしている集団塾へ通うのが一番だと思います。偏差値50前後の私立であれば学校で頭が良いと呼ばれている子が5年生の夏ぐらいから始めてもなんとかなりますが、偏差値55以上の学校は小学5年生の夏ごろからではほぼ間に合わないと考えたほうが良いと思います。少なくとも小学6年生に上がるタイミングで小学生の内容をすべて理解できていなければ相当厳しいです。それぐらい小学校で習っている問題と中学受験の問題では乖離があります。そのため4年生にあがる前の春休みの段階で中学受験専門塾へ行くのが一番だと思います。

個別指導塾で中学受験をする場合は少し特殊なケースのほうが多い印象です。集団でついて行けないので補修代わりに個別指導塾や急に子供が中学受験すると言い出したので慌てて小学6年生から個別指導塾、どうしても集団塾が合わなくて個別指導塾、授業のペースについて行けずに個別指導塾等など。また、個別指導塾では大学生が教えていることが大半なので中学受験独特な問題に教務側が追いついていないこともあります飛翔館では映像授業なのでそのような心配はいりませんが、それでも特別な事情がない限りは中学受験専門塾をすすめていますこれには長年培ってきたパイプや志望校対策にどうしても個人塾では劣ってしまうことが原因です。

以上の理由から中学受験を開始するのは中学受験専門塾で早ければ1年生から,遅くとも小学4年生にあがる前の春休み,最悪でも小学5年生からはしておかなければレベルの高い志望校に受かるのは厳しいと思います飛翔館でも中学受験対策などはもちろん出来ますので何かあれば無料相談お待ちしております。

ページトップへ

ブロードバンド予備校